Dio☆Hobbyネットショップ

                  ⇑
    このサイトを運営管理している艦長TAKAYAのネットショップです。

  フィギュア/鉄コレ/Bトレ/ストラクチャー/塗料を中心とした処分市を行なっております。
  お宝品があるかも?

  ↓エイリアン特集 ※リンク先は「艦長TAKAYAのネットショップ:Dio☆Hobbyネットショップ」

フリュー プレデリアン リアルフィギュア〜リミテッドver. 単品:シルバー フリュー エイリアン リアルフィギュア プレミアver 単品:グリーン アートスピリッツ 激造シリーズ 平成ガメラ編 シークレットを含む全5種セット




 

 告知! Facebook版Dio☆navi ~ジオラマなび 誕生!

あまりブログを更新する時間がないため、Facebookにてジオラマ展等のイベント案内をシェア掲載しています。
ぜひ「いいね!」して、ご覧ください。
  https://www.facebook.com/dionavi



常設 「明日香村周辺ジオラマ」 国営 飛鳥歴史公園館

奈良県高市郡明日香村
















「国営 飛鳥歴史公園」内にある「国営 飛鳥歴史公園館」をご紹介します。





まず先に、「国営飛鳥歴史公園」ついてご説明しましょう。



「国営 飛鳥歴史公園」

 近鉄吉野線「飛鳥駅」を起点とした5つのエリアから成る国営公園です。

 5つのエリアは、以下です。
  ・高松塚周辺地区(たかまつづかしゅうへんちく)
  ・甘樫丘地区(あまかしのおかちく)
  ・石舞台地区(いしぶたいちく)
  ・祝戸地区(いわいどちく)
  ・キトラ古墳周辺地区(整備中)

 様々な古墳、史跡、施設などが、広大な公園の中に点在しています。



 詳しくはページ最下部に「国営 飛鳥歴史公園」HPへのリンクがありますので、そちらからアクセスしてください。
 写真付きで、詳細が記載されています。





では、「国営 飛鳥歴史公園館」をご紹介しましょう。

「国営 飛鳥歴史公園」の起点である近鉄吉野線「飛鳥駅」のすぐそばにあります。
この施設は、「高松塚周辺地区(たかまつづかしゅうへんちく)」に位置します。

この施設の特徴は、以下です。
・国営飛鳥歴史公園4地区(キトラ古墳周辺地区を除いた地区)の施設や催し物の案内をはじめ、
 飛鳥地方の史跡や歴史を立体模型や映像を用いて紹介。
・飛鳥探訪の出発点となる施設。


この施設に、明日香村周辺の様子が分かるジオラマが設置されています。

また、写真展示パネルや飛鳥歴史アニメなどがあります。

展示物についての詳細は、「国営 飛鳥歴史公園館」のページをご覧ください。














< 国営 飛鳥歴史公園館 >

所在地:〒634-0144
    奈良県高市郡明日香村平田538

TEL: 0744-54-2441 (飛鳥管理センター)
FAX:0744-54-4633


開館時間:AM 9:30 〜 PM5:00
     ※12月〜2月はPM4:30閉館

休館日:12月29日〜1月3日

入館料:無料


最寄り駅:近鉄吉野線「飛鳥駅」

駐車場:あり
     大型車8台
     普通車36台








詳細は、「国営 飛鳥歴史公園館」HPをご覧ください。
 ※何かしらの変更等があるかもしれないので、必ず確認のこと
 

   「国営 飛鳥歴史公園館」HP 

     URL:http://www.asuka-park.go.jp/institution/rekishikoen.html


    <参考>「国営 飛鳥歴史公園」公式HP

          URL:http://www.asuka-park.go.jp/





大きな地図で見る

情報提供者:艦長 TAKAYA

at 23:00, 艦長 TAKAYA, 常設 奈良県

comments(0), trackbacks(0), - -

常設 建築模型「金堂・五重塔」 法隆寺

奈良県生駒郡斑鳩町



訪問してきましたので、レポートします。

金堂と五重塔の建築模型が展示されていました。
 ・「大講堂」に「金堂」の建築模型が2つ
 ・「大宝蔵院」に「金堂を半分にカットした」建築模型と「五重塔」の建築模型

※ただし、模型の写真はありません。
 寺院内は、すべて撮影禁止になっています。
 ルールを守らず撮影されていた方を見かけましたが、ルールは守りましょう。

どうゆう建築模型かは、レポートの中で記載します。



車で行かれる方が多いと思いますので、駐車場について先に記載します。
法隆寺の周辺には、いくつかの駐車場があります。
 ・公共駐車場 1日1回 ¥600
 ・お土産屋さんが経営している駐車場
   有料の所→ 決まった金額以上のお土産を買ったり食事をすると駐車料金が無料になる。
   無料の所→ 何も買わなくても無料

当方は事前にネットで調べ、「松本屋」というところが無料で停められると情報を得ていました。
法隆寺に着くと、呼び込みのおばちゃんが手を振っていました。
看板を見ると「無料 松本屋」と書かれていたので、そのまま駐車場へ。
本当に何も買わなくても無料でした。
が、そこは義理人情に厚い当方はお土産を購入して、ご厚意に応えてきました(笑)。



さて、法隆寺の散策です。
かなり広大な敷地です。
ゆっくりのんびり見て歩くと、2時間ぐらいは最低かかります。
※関西人は東西南北で場所を伝えますので、当ブログでも方角で場所を明記します。



まず、南大門を抜けて、北上して五重塔を目指します。
下の写真が「南大門」です。
松本屋の駐車場のすぐそばにあります。



ここでかわいいガイドさんが南大門の説明をしていました。
※写真の左側で固まっている団体さんたち
団体客や修学旅行生が非常に多かったです。
ガイドさんにくっついていくと、いろいろと説明が聞けます(笑)。

南大門を抜けて歩いていくと、五重塔が見えてきました。



五重塔がある所は、「西院伽藍(さいいんがらん)」というエリアです。


ここで入場料を払って、入場します。
入場料は、大人 ¥1,000です。
「西院伽藍(さいいんがらん)」、「大宝蔵院(だいほうぞういん)」、「東院伽藍(とういんがらん)」の3か所に入れます。


五重塔と金堂

五重塔フェチである当方にとっては、たまりませんなぁ(笑)。
五重塔と金堂は、1階部分のみ観れます。
ただし、アクリル板や金網でガードされているため、良くは観えませんが。。。

このエリアの北側に「大講堂」があります。


これが、「大講堂」です。

この「大講堂」の中に、幅が約1.5mほどの「金堂」の建築模型が2つあります。
端っこの奥に置かれているため、しっかりと観ることはできません。
「大講堂」のメイン展示物は、仏像です。
仏像には詳しくないのでよく分かりませんが、相当年代物の仏像がいっぱいあります。
※最初に記載したように、院内は撮影禁止のため、写真はありません。


次に、「大宝蔵院(だいほうぞういん)」に向かいます。
「西院伽藍(さいいんがらん)」の北東にあります。

「西院伽藍(さいいんがらん)」を出ると、変わった形の木が目に留まりました。


このような樹木は珍しいので、ついでにご覧ください。



こちらは、聖徳太子の霊院です。
この隣の脇道を北上して「大宝蔵院(だいほうぞういん)」に行きます。



これが、「大宝蔵院(だいほうぞういん)」の入り口です。
建物は、ロの字型をしています。


中庭?

建物内部は、博物館です。
この中に、建築模型が2つ展示されています。
1つ目は、高さ1mぐらいの金堂の建築模型。
半分にカットされているので、内部構造が良く分かります。
2つ目は、高さ3mぐらいの五重塔の建築模型です。

膨大な数の仏像が展示されています。
※建物内部は撮影禁止


「大宝蔵院(だいほうぞういん)」の南側には、「網封蔵」という高床式の建物がありました。




ここから、東を目指します。


これは、東大門です。
法隆寺は、塀に囲まれています。
そのため、門があります。


東大門を抜け、ひたすら歩いていくと、「四脚門」があります。


ここが、最後の目的地である「東院伽藍(とういんがらん)」です。


もう一つ門をくぐると、「夢殿」があります。


八角形の建物です。
回廊に沿って、内部を見るができます。



「鐘楼」という鐘突き堂です。
当方は、こうゆう建物も好きです。


ご紹介した以外にも、観るところや別途料金の施設があります。
全部を観たら、たぶん3時間以上かかると思います。
当方はご紹介した以外は行ってません。

法隆寺に行かれる方は、ぜひ隅々までのんびりご覧くださいな。
寺院が好きな方には、たまらない観光場所です。



当方が「松本屋」で購入したお土産は、千寿庵吉宗のわらび餅です。
食べて、ビックリ!
これまでの人生で一番美味しいわらび餅でした。
このわらび餅は、ぜひお勧めします。

千寿庵吉宗 HP
 http://www.senjyuan.co.jp/index.html



余談ですが、ついでに富田林市にある五重塔をご紹介します。
うちの裏山の山頂にある寺院に建ってます。
11月に竣工予定ですが、まだ工事中です。


富田林市に来ることがあれば、ついでにどうぞ。
なお、うちに寄られても、ジオラマ作品をお見せできませんし、商品の販売も行なっていません。
あしからず。









<法隆寺に関する情報>

所在地:奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1の1

TEL:0745−75−2555


アクセス:JR法隆寺駅より
      徒歩約20分
      バス「法隆寺門前」行き、法隆寺門前下車

     JR王寺駅より
      バス「春日大社・奈良」行き、法隆寺前下車

     近鉄奈良駅より
      バス「JR王寺駅」行き・「法隆寺」行き、法隆寺前下車


駐車場:周辺にあり
    公共駐車場 1日1回 ¥1,000
    お土産屋さんの駐車場 
     無料と有料のところがあり
     「松本屋」さんが無料なので、お勧めです。南大門の南南西にあります。
     お土産は、千寿庵吉宗のわらび餅がお勧めです。


拝観時間:午前8時〜午後5時  (2/22〜11/3)
     午前8時〜午後4時半 (11/4〜2/21)

休館日:不明

拝観料金:一般  1,000円
     小学生   500円
     ※西院伽藍内、大宝蔵院、東院伽藍内共通




詳細は、下記の「法隆寺」HPをご覧ください。

法隆寺 公式HP
 URL :http://www.horyuji.or.jp/index.htm




大きな地図で見る

情報提供者:艦長 TAKAYA


at 23:00, 艦長 TAKAYA, 常設 奈良県

comments(0), trackbacks(0), - -

常設 建築模型 「東大寺大仏殿」

奈良県奈良市



東大寺大仏殿に、大仏殿の建築模型があったので情報提供します。

全部で3つあります。
スケールは、3つ共1/50です。



この模型は、創建当初の様子を復元したものです。
「東大寺要録」や「正倉院文書」などの古文献を元に大正時代に製作。
大仏殿は現在のものに比べて東西(左右)に大きく、また100mに達する東・西両塔が建っていたそうです。
壮大な寺院だったんですね。


大仏殿アップ。


東の塔アップ。


西の塔アップ。

ホコリまみれになってます(笑)。
しかし、寺院の建築模型はいいなぁ。






2つ目の建築模型は、鎌倉時代の大仏殿を再現したものです。




ちゃんと中に、大仏様がいます。






3つ目のこちらは、現在の大仏殿。



上手く撮影できてないですが、こちらにもちゃんと中に大仏様がいます。


大仏殿内は暗いので、実際には良く観えないです。
ストロボ撮影がOKなので、あとからモニターで細部を見て楽しんでます。
なお、三脚の使用はできません。
デジイチで外付けストロボがないと、少し撮影は厳しいです。




こちらは、本物の大仏殿です。



もちろん、中には大仏様がいます。
建築模型は、この大仏様の後ろにあります。



以下は、おまけ写真と記事。



子ジカのバンビちゃん。
ここは奈良公園なので、シカだらけ。
おまけに、クソだらけ(笑)。
歩くときは、足元を見ながら歩きましょう。
人懐っこいので、どのシカも触れますよ。




こちらは、興福寺の五重塔。
今回、寺院巡りをしたのは、寺院や建物が好きだということもありますが、寺院のジオラマを作ろうと思ってまして。。。
ちょっとロケを兼ねて観に行ってきました。



せんとく〜ん!!




所在地:奈良県奈良市雑司町406-1
     東大寺

TEL:0742-22-5511
FAX:0742-22-0808

最寄り駅:JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」
      から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分
      または市内循環バス(外回り)「氷室神社・国立博物館」バス停下車、徒歩約5分    
     近鉄奈良駅から徒歩約20分

     アクセスマップ
     http://www.todaiji.or.jp/contents/access/index.html

駐車場:周辺に有料駐車場あり
    奈良県営大仏前駐車場:奈良市水門町南院畑82
     TEL/0742-22-5025
    春日大社前駐車場:奈良市春日野町160
     TEL/0742-22-7788

    私は「奈良県庁」の駐車場に停めました。
    どこも1日 1,000円だと思います。

休館日:不明(たぶん年中無休)

営業時間:開門 (11〜3月) 8:00
        (4〜10月) 7:30

     閉門 (11〜2月)16:00
        (3月)   17:00
        (4〜9月) 17:30
        (10月)  17:00

入館料:大人(大学生以上)     500円
    高校生           500円
    中校生           500円    
    小学生           300円

    障害者手帳所持者 【大人】300円 【小学生】150円
     ※入堂当日、窓口で手帳を掲示された場合
     ※介添の方については、1人に限り、大人300円・小学生150円

    奈良市の老春手帳所持者 【本人様のみ】無料
     ※入堂当日、窓口で手帳を掲示された場合



詳細は「東大寺」のHPを参照してください。
※休館日や入館料、営業時間の変更等があるかもしれませんので、必ずHPで確認してください。

東大寺 HP

URL :http://www.todaiji.or.jp/index.html




大きな地図で見る

情報提供者:艦長 TAKAYA

at 23:00, 艦長 TAKAYA, 常設 奈良県

comments(0), trackbacks(0), - -


ページのTOPへ