Dio☆Hobbyネットショップ

                  ⇑
    このサイトを運営管理している艦長TAKAYAのネットショップです。

  フィギュア/鉄コレ/Bトレ/ストラクチャー/塗料を中心とした処分市を行なっております。
  お宝品があるかも?

  ↓エイリアン特集 ※リンク先は「艦長TAKAYAのネットショップ:Dio☆Hobbyネットショップ」

フリュー プレデリアン リアルフィギュア〜リミテッドver. 単品:シルバー フリュー エイリアン リアルフィギュア プレミアver 単品:グリーン アートスピリッツ 激造シリーズ 平成ガメラ編 シークレットを含む全5種セット




 

 告知! Facebook版Dio☆navi ~ジオラマなび 誕生!

あまりブログを更新する時間がないため、Facebookにてジオラマ展等のイベント案内をシェア掲載しています。
ぜひ「いいね!」して、ご覧ください。
  https://www.facebook.com/dionavi



常設 レンタルレイアウト 「KM COLLECT★TRAIN」

大阪府大阪市浪速区
























大阪市内のレンタルレイアウトをご紹介します。



「KM COLLECT★TRAIN」は、Nゲージレンタルレイアウトの他、鉄道模型の制作代行などを行なわれています。

また、「KM  COLLECT CARS」という1/43スケールミニカーの販売と制作代行もされています。




レンタルレイアウトについて

 Nゲージスケール

 全長 約14メートル 

 最大使用人数 5人

 全5線
  1番線   16両 停車可
  2・3番線 最大12両 停車可
  4番線   14両 使用可能
  5番線   16両 使用可能

 料金:1時間 500円

 レンタル車両なし



 レイアウトの紹介ページ

   http://km-collect-train.jimdo.com/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E7%B4%B9%E4%BB%8B/



 レンタル料金やレイアウトの写真ページ

   http://km-collect-train.jimdo.com/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E5%86%99%E7%9C%9F-%E8%AA%AC%E6%98%8E/
  










< KM COLLECT★TRAIN >


所在地:〒556-0025
    大阪府大阪市浪速区浪速東1丁目4−3

TEL:090-5466-9942


営業時間:13:00〜21:00

定休日:不定期



アクセス:電車
      最寄り駅:JR大阪環状線「芦原橋」

駐車場:情報なし






「KM COLLECT★TRAIN」の詳細は、公式HPをご覧ください。
  ※何かしらの変更等があるかもしれないので、必ず確認のこと


    「KM COLLECT★TRAIN」公式HP

      URL:http://km-collect-train.jimdo.com/






大きな地図で見る

情報提供者:艦長 TAKAYA

at 23:00, 艦長 TAKAYA, 常設 大阪府大阪市内

comments(0), trackbacks(0), - -

常設 建築模型(ドールハウス)ジオラマ・他 「大阪歴史博物館」

大阪府大阪市中央区



















原寸大やミニチュアの建築模型(ドールハウス)をジオラマ化して展示している大阪歴史博物館をご紹介します。




実際に訪問してきましたので、写真をご覧いただきながら詳細をレポートします。


「大阪歴史博物館」は、大阪城の南西に位置していて、奈良時代には「難波宮(なにわのみや)」があったところに建てられています。
※エントランスの一部の床がガラス張りになっていて、遺跡の跡が観られます。




左の建物が「大阪歴史博物館」で、右側の建物が「NHK大阪」です。






「大阪歴史博物館」と「NHK大阪」はつながっていて、このガラス球の連結部(アトリウム)から入ります。




館内案内図です。

常設展は7〜10階になります。
 
特別展が行なわれる場合は、6階が特設会場となります。


入場料を払い、まずはエレベーターで10階に向かいます。

10階から順に7階(または6階)までエスカレーターで降りながら拝観します。



・各フロアの案内

  10階 古代フロア 
    
奈良時代の難波宮の大極殿を模した造りになっていて、「難波宮」を中心に展示されています。

  9階 中世近世フロア 
    江戸時代ぐらいまでの大阪の町の歴史が展示されています。

  8階 歴史を掘るフロア
    原寸大で再現された発掘現場があります。
    考古学を学ぶフロアです。

  7階 中世近世フロア
    大正末期〜昭和初期の心斎橋筋、道頓堀などの街角を原寸大のドールハウスジオラマで再現しています。


 常設展の詳細ページ
  http://www.mus-his.city.osaka.jp/zyousetu/main.html




これは10階にあるフロアマップです。
建物がラグビーボールのような形をしていることが分かります。


フロアガイドで説明したように、「難波宮」のの大極殿を模した内装になっています。




ここは地上57mの高さで、外を眺められます。




しばらくすると、窓のシャッターが閉まって、真っ暗になりました。

大型モニターで、「難波宮」についての映像が流れ出しました。







このフロアの反対側には、「難波宮」の歴史について展示されています。



これは「難波宮」の発掘現場をジオラマで再現したものです。




前期「難波宮」のジオラマです。




こちらは、後期の「難波宮」のジオラマです。

ジオラマ以外にも、かなりの展示物がありますが、ジオラマ以外は割愛させていただきます。



10階から9回へエスカレーターで向かいます。

その途中で、大阪城が見えました。





9階は中世近世の展示で、建築模型(ドールハウス)ジオラマがあちらこちらに展示されています。

このフロアだけで1時間ぐらい居ました(笑)。
それぐらいジオラマだらけで、観ていて楽しいものばかりでした。







上の3枚は、9階入り口にあるジオラマです。
覗きをしていたり(笑)、人形たちが生き生きと情景を生きたものにしています。






上の2枚は、その隣にあったものです。
建物の構造が分かるように、半分がカットされた建築模型で、いろいろなところに人形を設置してジオラマ化してあります。




原寸大の橋も再現されています。




「広島藩蔵屋敷復元模型」です。




「住友長堀銅吹所復元模型」です。





このジオラマは、前後が回転します。
家の中が、細部まで再現されています。




道頓堀にあった「角の芝居」です。





町の賑わいも再現されています。




「船場の町並み」です。









9階は、非常にジオラマが多いです。
なお、ジオラマ以外は掲載していません。



エスカレーターで、8階へ

8階は、発掘現場を再現したフロアです。
子供向けですので、スルーしました。

フロアの奥に「特集展示室」があり、「第79回 特集展示 なにわの薬屋さん」が展示されていました。
あまり興味が持てなかったので、ここもスルーしました。


「第79回 特集展示 なにわの薬屋さん」
 2012年5月30日(水)〜7月23日(月)まで開催
 詳細はこちら→ http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2012/kusuriya.html



このフロアで、私が唯一興味を持ったのが、下記の展示物です。



原寸大の模型です。
真っ白に塗られています。



大阪市営地下鉄の原寸大ジオラマの地上面に設置されている設定です。
7階と8階は一部吹き抜けになっています。
上の写真は、8階から撮影しています。



7階は、大正末期〜昭和初期の大阪を再現したフロアです。



7階から観た原寸大地下鉄の模型ジオラマ。






このフロアは、原寸大のジオラマばかりです。
上記2点は、室内を再現しています(原寸大ドールハウス)。
他にも再現した室内はありますが、ここでは2つだけご紹介しました。




原寸大芝居小屋。


ミニチュアのジオラマ模型は、下記の1点だけでした。



「大正15年当時の旧梅田駅停留場」です。



常設展は、以上です。
ゆっくりのんびり観ると、2時間以上かかります。

写真撮影は可能ですが、フラッシュの使用は禁止されています。
三脚の使用も禁止されています。
あっちこっちに係員がいますので、注意されますよ。
なので、写真撮影の際はしっかりとカメラを保持して撮影しないと手振れします。
ご注意ください。





訪問時は、特別展が行なわれていました。

 特別展

 「ザ・タワー 〜都市と塔のものがたり〜」



 イベント開催期間:2012年5月23日(水)〜 7月16日(月・祝)

 入場料:大人 1,000円
     高大生 700円
      ※中学生以下、障害者手帳等の所有者(介護者1名を含む)は無料

  この特別展のみを観ることも可能です。
  上記料金は、特別展のみの料金です。
  常設展も観る場合は、常設展入場料が別途かかります。


 イベント内容:
  エッフェル塔・東京タワー・通天閣の3つの塔を中心に様々な資料や写真、模型を展示したものです。
  約300点が展示されています。

  
 イベントの詳細は、公式HP専用ページをご覧ください。

  http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2012/tower.html




 


 

 イベントに合わせて、1階フロアには「通天閣ロボ」が展示されていました。
 壊れたらしく、訪問時には動いてませんでした。


 当方も拝観しました。

 なお、この特別展は一切写真撮影ができません。
 唯一「フラッシュを使用しないこと」という条件で、1/300スケールの「東京スカイツリー」が撮影できます。
 
 

 自発光していて、きれいな模型です。



 出口で入場チケットの半券を見せると、この特別展のポスターをもらえます。

 公式HPでもあまり目立たないところに記載されていました。

 大きさは「大」と「小」があります。
 
 当方は、「大」をいただきました。

 もし行かれた方は、帰りにポスターももらいましょう。

 なお、毎日先着50名限りですが、知らない人が多いと思います。













< 大坂歴史博物館 >

所在地:〒540-0008
    大阪府大阪市中央区大手前4丁目1-32

TEL:06-6946-5728
FAX:06-6946-2662


開館時間:9:30 〜 17:00まで
     金曜日のみ、9:30 〜 20:00まで
     ※入館は閉館の30分前まで

休館日:火曜日(祝日の場合は翌日) 
    年末年始(12月28日から1月4日)


常設展入館料: 大人     600円
       高大生   400円
       中学生以下  無料
       大阪市在住の65歳以上の方も無料
       障害者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)も無料

 ※常設展のみの料金。
  特別展を観る場合は、別途追加料金が必要。

 ※高大生チケットの購入時は、証明証を提示
 ※大阪市内在住の65歳以上の方は、ツルマークの健康手帳、敬老優待乗車券、運転免許証など、証明できるものを提示

 ※20名以上で団体割引あり。要事前申請。


 ※常設展示 + 大阪城天守閣 セット券     (大人・高大生とも) 900円

   詳細は、こちら ↓
    http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2010/ticketset.html



 上記内容に関する詳細は、こちら↓

  ※パンフレット(PDF)をダウンロードすることもできます。

  http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2010/ticketset.html



アクセス:
 最寄駅:大坂市営地下鉄 谷町線 「谷町四丁目」9号出口前

 大阪市営バス「馬場町」バス停前


 アクセスに関する詳細は、こちら↓

  http://www.mus-his.city.osaka.jp/riyou/kin_map.html



駐車場:有料駐車場あり
     高さ2.1mまでの乗用車
     営業時間 8:00〜21:00
     最初の1時間まで400円、以降30分ごとに200円

駐輪場:あり


 駐車場と駐輪場に関する詳細は、こちら↓

  http://www.mus-his.city.osaka.jp/riyou/main.html#kanranryo







「大阪歴史博物館」に関するすべての詳細は、公式HPをご覧ください。
 ※何かしらの変更等があるかもしれないので、必ず確認のこと


   「大阪歴史博物館」公式HP

     URL:http://www.mus-his.city.osaka.jp/






大きな地図で見る

情報提供者:艦長 TAKAYA

at 23:00, 艦長 TAKAYA, 常設 大阪府大阪市内

comments(0), trackbacks(0), - -

常設 鉄道模型レンタルレイアウト 「てつどうの国(てつどうかん)」 イズミヤ今福店

大阪府大阪市城東区


















鉄道模型レイアウトが設置されている店舗をご紹介します。




facebookにて事の成り行きを記載していますが、たまたま時間つぶしのためにイズミヤに寄ったところ、店内に「鉄道模型ジオラマ 展示中」というポスターを発見し、思わぬ偶然でレイアウトを観ることができました。



今福イズミヤフードアベニュー「てつどうの国」

2012年3月24日  オープン





では早速、訪問レポートに入りましょう。


展示されているところは、地下1階にある「フードコーナー」です。
※正確には「フードコート」です。

マクドやその他で買ったものを飲食できる場所です。
もちろん、何も買わなくても休憩で利用することもできます。



ここにNゲージレイアウトが2つ展示されています。

まず、1階エスカレーターを降りたところにあるレイアウトをご紹介しましょう。




四辺をテーブルで囲まれ、飲食しながら観ることができます。

ということは、撮影したりじっくり観たい場合は、利用者がいない時間帯を狙って行かないといけません。

当方は平日の18時ごろに訪問しました。
そのときには、テーブルを利用している人がいました。
20分ほど間を開けて再訪したところ、誰も居なかったため、じっくりと撮影&鑑賞することができました。
平日なら、18時以降がお勧めです。


なお、このレイアウトは鑑賞用です。
レンタルレイアウトではありません。




奥に利用者が座ってます。
18時前だと、けっこう人がいますね。

写真撮影していると、管理人らしき人が来て、ケースの天板を開けてくれました。
親切ですね。
ケースごしだと反射して、上手く撮影ができません。
デジイチで円偏光フィルターを付けていれば問題ないのですが、当方はデジイチを所有していませんし、普段持ち歩いているのはCANON SX-130ISのコンデジです。
※いつもコンデジを持ち歩いているため、こうゆう偶然に出会っても、対応できるわけでして(笑)。




入り口から向かって右側。









中央部付近。




中央部手前付近から左側。




中央部から左側。




左側。






左側には、路面電車用のレールが敷設されています。


このレイアウトには自動運転システムが組み込まれていて、指定時間になると照明が付いて電車が走ります。



この案内板によると、
・11:00〜14:00
・15:00〜16:30
・18:00〜19:00
となっています。




18時過ぎなので、ホームや建物に照明が点きました。




お城もライトアップされています。

もちろん、電車も走ります。






さて、次は残りのレイアウトをご紹介します。


1枚目の写真の左奥に設置されています。



右側にテーブル席があり、レイアウトを観ながら飲食できます。


短時間のレンタルレイアウトも行なっています。



お試し価格 5分 100円
お得値価格 15分 200円

車両持ち込みに関しては、分かりません。

運転する場所は、テーブル席の向かい側の青いテーブルのところです。
左側のテーブルに、パワーパックが置かれてます。



外周に複線が2セット、内側にドックボーンの単線が設置されています。


以下は、アップ写真です。




















レンタルレイアウト以外にも、鉄道模型の修理等も行なっています。


ここの管理人さんと少し話をしましたところ、天王寺にある「てつどうかん」さんが運営されているそうです。

このレイアウトを制作したのは、「てつどうかん」さんのスタッフの方たちです。

お話したおかげで「てつどうかん」さんの利用割引チケットをいただきました。




「てつどうかん」については、すでに当ブログにて訪問記を掲載済みです。


 全国ジオラマップ(当ブログ)

 
常設 鉄道模型レイアウト&カフェレストラン 「旅Caferest てつどうかん(【旧店名】Tetsu-Cafe レトロ 天王寺本店) 」













< イズミヤ 今福店 >

所在地:〒536-0002
    大阪府大阪市城東区今福東1丁目10番5号

TEL:06-6934-3531


営業時間:【食品以外・専門店】10:00〜20:00
     【食料品】10:00〜21:00
      ※時期によって営業時間が延長する場合あり

 このレイアウトの管理者の滞在時間は10:00〜19:00(状況によっては18:00)までです。


定休日: 年中無休
    ※臨時休業する場合あり
    ※年末年始の営業については年末に別途案内


アクセス:電車
      大阪市地下鉄 鶴見緑地線「今福鶴見駅」から徒歩3分
 
駐車場:有料駐車場あり
     650台






「イズミヤ 今福店」の詳細は、公式HPをご覧ください。

 ※何かしらの変更等があるかもしれないので、必ず確認のこと


   「イズミヤ 今福店」公式HP

     URL:http://www.izumiya.co.jp/shop/kansai/osakashi/060_info.php



   参考:「イズミヤ」公式HP

        URL:http://www.izumiya.co.jp/



   参考:「今福イズミヤフードアベニュー「てつどうの国」」公式HP

        URL:http://tetudounokuni.p-kit.com/



   参考:「旅Caferest てつどうかん」公式サイト(ブログ)

        URL:http://tetsudoukan.jugem.jp/?PHPSESSID=1c9416ec60f297862a252c19dafff707






大きな地図で見る

情報提供者:艦長 TAKAYA

at 23:00, 艦長 TAKAYA, 常設 大阪府大阪市内

comments(0), trackbacks(0), - -

常設 建築模型&地図ジオラマ 「アベノ・天王寺エリア周辺模型」 近鉄大阪阿部野橋駅

大阪府大阪市阿倍野区























建築模型を使った地図ジオラマが展示されていますので、ご紹介します。




現在、天王寺駅周辺は再開発のため、大掛かりな工事が行なわれています。

新しく「あべのマーケットパーク キューズモール(Q's MALL)もオープンして、今までの天王寺とは大きく様変わりしています。


その新しく生まれ変わる天王寺をジオラマにしたものが展示されています。




そのジオラマは、近鉄「大阪阿部野橋駅」1階のメインゲートである「西改札口」のコンコースに設置されています。





改札口を出て、そのまま壁にぶつかるまで直進するとあります。


以下のリンクは、近鉄「大阪阿部野橋駅」の構内図です。

  http://www.kintetsu.co.jp/soukatsu/kounai/abenobashi.html




建築模型にはLED照明が組み込まれていて、なかなか素敵です。

スケールは、1/1200です。



なお、いつまでここに設置されているのかは、分かりません。

現在建設中の日本一高いビル「あべのハルカス」が完成すれば、設置場所が変わると思われます。
 ※完成予定は、2014年3月









一番高いビルが「あべのハルカス」です。





手前の寺院は、四天王寺です。





写真中央付近の緑地帯は、「天王寺動物園」。

その右側には、「通天閣」があります。




写真を撮ってると、一気に人だかりが出来てしまいました(泣)。

そこで、写真を撮るのをやめて、しばらく離れて眺めていると人がいなくなります。

再度写真撮影を開始すると、また人が集まってくるという状況。

写真を撮ってると、「何かある」と思って人が寄ってくるのでしょうか(笑)。

こんなに落ち着いて撮影が出来ないのは、初めてのことです(苦笑)。


かなり精密に出来ていますので、天王寺に行かれた際は、ついでに観ることをお勧めします。
















< 近鉄大阪阿部野橋駅 >


所在地:〒545-0052
    大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

TEL:06-6621-3251


営業時間:始発 〜 終電




 「近畿日本鉄道」公式HP 「大阪阿部野橋駅」駅情報ページ

   http://www.kintetsu.co.jp/station/station_info/station07005.html



 ウィキペディア 「大阪阿部野橋駅」ページ

   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E9%98%BF%E9%83%A8%E9%87%8E%E6%A9%8B%E9%A7%85






大きな地図で見る

情報提供者:艦長 TAKAYA

at 23:00, 艦長 TAKAYA, 常設 大阪府大阪市内

comments(0), trackbacks(0), - -

常設 鉄道模型ジオラマ 「JRおでかけプラザ」

大阪府大阪市北区


















「鉄道模型ジオラマ(レイアウト)」を常設している店舗をご紹介します。




「JRおでかけプラザ」

2011年10月 オープン

JR「大阪駅」1階の中央改札口(中央コンコース)にあります。

  フロアガイド(6.9MB)(PDFファイル)




この「JRおでかけプラザ」に「鉄道ジオラマ」が設置されています。

※無料で観られます。

JR西日本の新幹線をはじめ、いろいろな車両があります。


さらに、この「鉄道ジオラマ」は、毎日10時から19時までの間、毎時10分・30分に車両が走行します。
走行時間は、約10分間です。





詳細は下記の記事やPDFをご覧ください。ジオラマの写真も掲載されています。
 ※いずれもリンク先は、JR西日本公式HP内


 「トレナビ 2011年12月19日 月曜日」 掲載記事

   大阪駅に鉄道ジオラマワールドがあるよ!

    http://www.westjr.co.jp/fan/blog/article/2011/12/page_1173.html



 JRおでかけプラザ「鉄道ジオラマ」について(PDF)

   http://www.westjr.co.jp/press/article/items/20111117_05.pdf






おまけ情報

日本旅行 鉄道プラザ」

「大阪ステーションシティ ノースゲートビルディング11階」に「日本旅行 鉄道プラザ」があります。
Nゲージレイアウトとプラレールが設置されています。
また、鉄道模型や本物の鉄道部品なども販売されています。

ついでに、観に行ってみてはいかがでしょうか?



当方はすでに訪問済みで、レポートを掲載してあります。

 全国ジオラマップ(当ブログ)

 常設 鉄道(模型)&プラレール 「日本旅行 鉄道プラザ」









<追記>

訪問してきましたので、レポートを追記します。

JR大阪駅の中央改札口を出て、斜め左方向に進むと、「JRおでかけプラザ」があります。








ジオラマ運転時刻表です。


以下は、外から見たジオラマです。











周りの景色がガラスに写り込みますので、デジイチをお持ちの方は円偏光フィルターが必須です。


店内に入ります。
無料です。



店舗内から見たジオラマの全景です。




向かって右側の景色。




中央部付近の景色。




向かって左側の景色。


以下、細部をアップでご紹介します。













新しいJR大阪駅の建築模型。




通天閣。
九州新幹線とタイアップしているようで、ジオラマ内のあちこちにクマモンがいます。



この「JRおでかけプラザ」は無人店舗です。

ジオラマの他に、旅行パンフレットやソファなどが置かれていて、休憩室のような感じになっています。


また、アンパンマンがラッピングされたGゲージぐらいの鉄道模型も観られます。
















< 大坂ステーションシティ >

所在地:大阪府大阪市北区梅田3丁目
     JR大阪駅

「大阪ステーションシティ」は、
 ・サウスゲートビルディング
 ・ノースゲートビルディング
 ・駅構内
  から成り立っています。

   ※「JRおでかけプラザ」は、「駅構内(中央コンコース)」の1階です。
     中央改札口を出て、斜め左に位置します。
 
 それぞれの詳細は、リンク先をご覧ください。



 下記は、PDFファイル形式のガイドマップです。

 ・フロアガイド(6.9MB)
 ・レストランガイド(3.2MB)
 ・ひとにやさしいOSAKA STATION CITYガイドマップ(5.0MB)




アクセス
 ・車、バイク、自転車の方は、以下のページをご覧ください。
   ※駐車場の地図、駐車料金、料金割引などが詳しく掲載されています。

   http://osakastationcity.com/map/







「大阪ステーションシティ」に関する詳細は、公式HPをご覧ください。


   「大阪ステーションシティ」公式HP

     URL:http://osakastationcity.com/





大きな地図で見る

情報提供者:艦長 TAKAYA

at 23:00, 艦長 TAKAYA, 常設 大阪府大阪市内

comments(0), trackbacks(0), - -


ページのTOPへ